しばらく前に連載していたこの『泡盛ができるまで』ですが、
以前仕込んだ仕込んだもろみはもうすっかり泡盛となって、最後の工程、蒸留についてです。

発酵が終わって熟成したもろみは蒸留器に入れられ、熱を加えて蒸留します


このような感じで、できたばかりの泡盛が湧き出てきます。

↑クリックすると大きい画像が開きます。


蒸留をチェックする工場長です

泡盛は単式蒸留器を使うのですが、それぞれのメーカーによって蒸留の器具や方法にも違いがあり、
それが味の大きな違いにもなってきます

その後、タンクや甕に詰められ、それぞれの時間寝かされ、
美味しくなったタイミングで
瓶詰めをして製品としてお客さまの元へ届けられます