【 観光とエコ・未来への出逢いに願いを込めて 】

TOYOTAEVset

新しい年を迎え14日。泡盛の製造も順調に進む中、まだまだ新年のご挨拶が飛び交う毎日です。
今年、山川酒造は創業70年を迎えます。この70年の間に様々な時代の変化があるなか、無事に今があることに心から感謝しています!

社長の山川宗克の祖父であり、創業者の山川宗道氏のお志である「どんなときでもとにかく頑張って古酒=クースを寝かせておきなさい。いずれは古酒の時代になるから」と話していたという想い。

昨年8月には3年以上から古酒と制定されました。そう思うと古酒の時代はもう迎えているのだと私は確信しています。
受け継いできた70年、今も古酒造りにこだわり日々仕事をしています。新しい年を迎え、これまで年数を重ねてきた尊い時間…タンクには今年49年を迎える古酒が静かに貯蔵の時を重ねていますが 100年古酒までは、まだ折り返し地点も目の前というところでございます。

蔵では特に変わったことなく、いつもの日常ではございますが、先日、トヨタのEVカーを活用した事業展開を本部町観光協会今帰仁村観光協会が進めているところ、山川酒造も電気自動車の充電器の設置をさせていただきました。(EVで本部半島観光トヨタと観光協会実証実験計画固まる

TOYOTAEVset (4)

事前の現場調査の方、実際に工事を担当くださる方、沢山のスタッフの皆さんが、手際よく作業を進めています。

TOYOTAEVset (5)

蔵の駐車場には約7~8台ほど駐車できるのですが、その一部を充電器の場所として確保。
約2台分はそのスペースとして活用されます。
機械に間違えてぶつかることがないよう、ポールも設置。細かい配慮です。

TOYOTAEVset (1)

環境に優しい車が活用されることは、未来に向けてとても大切な事で考えされられますと同時に、利用される方が充電時間を活用して、山川酒造、泡盛、古酒を知っていただける事、そして本部町の観光に少しでも役立てることが出来るなら幸いに思います。沖縄には欠かせない泡盛・古酒。沖縄の文化・宝。沖縄の地酒は日々暮らしていく中、歴史的にも行事にも大きな役割があります。その泡盛・古酒には全国・全世界に共通する人々に欠かせない平和や幸福への想いを感じていただけ、親しみを持っていただけるのではないかと少し期待しています。

 

【 充電器案内看板設置 】

気軽に立ち寄って頂ける場所として、ご案内するために、入り口に看板も設置するため、適当な場所に穴を掘っています。
掘れど掘れど、岩ゴツゴツ。ゴロゴロとした石が出てくるそうで作業員の方も苦戦していました。

TOYOTAEVset (3)

どんどん出てくる大きな石。土はほとんど無く、袋にいっぱい石・石・石です。作業員さん達も苦笑い。
一旦作業を中断して、お昼休みには本部町内のお食事処へ。お向かいの八重善さんやきしもとそば、きたやまそばなどご紹介しました。
「お味噌汁が食べたい」と、ちえ食堂にも行かれたそうです。沖縄そばの町もとぶ町どこにいくか迷うほどオススメがあります。本部町のそば屋情報はこちらのサイトから→もとぶのそばを食べ尽くす会

TOYOTAEVset (11)

作業は思った以上に時間がかかりましたが、ベストポジションに設置。これで目印になるかな?!
看板とは少し向きが違いますが、通りに面しているので目に付きやすいかと思います。
おなじみのロゴ看板ですから、ピン!とくるはずですね。

TOYOTAEVset (10)

充電器の目印、案内の看板から、山川酒造へ入っていくとすぐに目の前にスペースがあります。

TOYOTAEVset (9)

この工事、全体で2日で、無事に完成しました。

電気の元となる場所から、ここまでは、製造過程で最も熱くなる場所も通過するため、少し心配ではありましたが、なんとかこちらまで、引っ張ってこれました。

これで、充電が出来ます。スタッフも電気自動車が欲しくなるナーと話しています(笑)

 

【 充電中に山川酒造で情報ゲット 】

まずは、入り口にあるショップやまかわ店頭スタッフにお声かけください。(10:00~18:00)
時間外は山川酒造の中にいるスタッフにお声かけくださいませ。0980-47-2136(8:00~17:00)

TOYOTAEVset (7)

お持ちのカードをかざして、充電準備完了。電気自動車の仕様によって場所が、異なりますが、差し込んで充電スタート。
ちょっと見せていただきました。これまで、トヨタ担当者(トヨタメディアサービス)の方が何人も代わる代わるチェックにいらしています。
こちらは試作段階?のバージョンとのことで、沖縄版のはもっと可愛いのだとか。嬉しいですネ!

TOYOTAEVset (6)

初めてのことで、我々スタッフも不安ではありますが、お客様とお声かけしながらどんどん慣れて行こうと思います。

利用くださる方もお気軽にお声かけくださいネ。また管理会社やネットワークもしっかりあるので、いざというときも問い合わせしたり、対策はできているようです。

見せていただいて、ちょっとホッとしたのが、このマーク(笑)

TOYOTAEVset (8)

ガソリン車とあまりイメージが変わらなっくて、なんだか安心しました。

実際に巡るEVカーはタブレット付きなので、コースはもちろん観光ガイドの情報も満載です。
こちらのPVで、詳しいイメージが出来ると思いますので、ぜひご覧ください。

ちゅらまーい「超小型EVで巡る本部半島 ちゅらまーいTOP」 http://info-motobu.okinawa/ev/

県の2015年度戦略的課題解決型観光商品等支援事業の一環で、本部町観光協会と今帰仁村観光協会は超小型EV(1人乗り電気自動車)で巡るモニターツアー「本部半島・離島EVまちま~い」が実施されました。
超小型EVはゴルフ場などにあるカートにのような4輪の1人乗り電気自動車で、車の特性と地域の特色を生かした活用が期待できます。
今回、本部半島と伊江島の観光地化されていない場所をターゲットにして、地元の自然や資源など新たな魅力を発掘。新しい観光スタイルになるとし、今後の北部地域の需要を大きく期待しています。

着地型観光メニューを開発して、周遊観光や滞在を促し、新たな地元観光資源を気ままにゆっくりと、手軽に巡ることで新しい発見ができます!
観光バスが乗り入れできないような自然豊かな場所や、海岸などを車のサイドのカバーを外しフルオープンで爽やかな風を浴び、海岸線沿いを走ることができるのがとっても新鮮で魅力的。気軽に立ち止まってカメラで撮影して、思い出深く過ごすことが出来る。
琉球新報記事参照
様々なコースがあり、いつもとは違った景色を違った感覚で見る事ができ、どれも、本部町・今帰仁村の新しい発見と改めて魅力を確認できるコースばかり!

もっと気軽に自然に感覚で楽しめる観光がある。

日本だから沖縄だから本部半島だからできる観光で、人生に自信が持て忘れられない旅になって欲しいと思います。

で、山川酒造はというと「本部の生活を感じよう」というコース。http://info-motobu.okinawa/ev/01.html

山川酒造と印象的な存在の「琉球松」に、大地の恵みを感じ、約2時間で巡るコース。
このコースは、地元の人々と巡り会えるのではないかなぁと私自身ぜひオススメのコースです!
1人乗り用のEVカー、試飲を楽しむ事はできないけれど、10種類もある試飲ボトルを見て見る事はできます。

蔵見学も小人数&要予約にてご案内していますので、お気軽にお問い合わせください。
充電器施設として仲間入りした山川酒造。沢山の皆さまに出逢える大きな1歩と期待しています!

この御縁に感謝して、これからまたこの御縁の輪がどんどん広がっていけることを願っています。
どうぞよろしくお願い致します(^人^)

山川酒造の蔵見学(小人数&要予約)についてはこちらのページをご覧ください

EVカーだとひとり乗り…試飲を楽しみたいという方には「やんばる日和初企画:ホロ酔いタクシーツアー(パンフ添付)」おすすめです。※やんばる日和サイト やんばるの旅行を熱心に魅力的に、ご提案くださる地元のツアー会社さん。

【 蔵見学の記念にもなる古酒オーナー蔵舞 】

実際に、山川酒造の本社・蔵にお越しいただき、地域やその環境、仕込みの様子、スタッフ紹介と…蔵見学にいらした方には、より山川酒造について、泡盛・古酒について知っていただける事から、何か特別におもてなしできるサービスをと考えたひとつが、古酒オーナー蔵舞。お越し頂いた記念にもなります。5年後はオリンピックだから、とお申込の多かった2015年蒸留・タンクNO215号、今ならまだ間に合います。
「古酒オーナー蔵舞」を、もっとよく知りたいという方は、お電話でもよろしいですのでお気軽にお問い合わせください。
蔵・本社0980-47-2136 フリーダイヤル0120-09-7835(那覇支店直通)
メールでのお問い合わせは info@yamakawa-shuzo.jp までお願いします。
お申込はこちらのページからご利用いただけます。古酒オーナー蔵舞お申込ページ

PR_owner

本日もまたまた長くなってしまい、最後まで読んでいただいたあなた様!誠にありがとうございますm(_ _)m

平成28年1月14日

 


担当/営業 なかむら:
入社11年めを迎えました。仕事を通じて自分ができることに感謝し行動するとともに、3児の母としてますますがんばって参ります!
感想のメール→info@yamakawa-shuzo.jp


商品について、ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。(よくある質問ページこちら

有限会社 山川酒造

蔵・本社 / 沖縄県本部町字並里58番地
0980-47-2136(日曜定休・他) 蔵見学できます(無料)小人数、要予約

蔵のお隣 ショップやまかわ 沖縄県本部町並里59番地
0980-47-5651(10:00~18:00 日曜営業)

那覇支店 / 沖縄県那覇市天久1-6-1
098-868-3855(祝・日定休) 店頭にてお買い求めいただけます。